2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








Dogドックの結果 その2

---本日、備忘録の意味があるため長文です---

Dogドックの結果が先日届きました。
(Dogドック結果①の記事→






素人がエコー写真とかを見ても、さっぱりわからないというのが医療というもので、、、 (・・;)
とりあえず、届いた検査結果の一部を載せていきます。


<健康診断結果>
AkzwFgL2N7nAilT1457498831_1457498882.jpg

<腹部レントゲンとエコー>
cWCz68X7TKHCd1p1457498648_1457498722.jpg

<胸部レントゲンとエコー>
dSwdborc_uIR8AF1457498758_1457498802.jpg

<血液検査>
AOgCVZOtfbA0JOm1457498913_1457498970.jpg

<尿検査>
QcGNmQPGezlrPth1457499002_1457499051.jpg
S8l2x9DUHUw88zr1457499278_1457499292.jpg
NWt1PHGW0rnyivW1457499085_1457499127.jpg

<総合診断結果>
RXFyxMh57MBH9q21457503250_1457503290.jpg


結果は以前記載したとおり厄介事が2つ。
それ以外は問題なし

①ストラバイト
結石と書きましたが、どうやら結晶だったようです。
ただ、よくよく検査結果を見ていたら、ストラバイト結晶は尿がアルカリ性に傾くことで結晶が出来てしまうそうなんですが、マイルの尿検査のpHは酸性。
ほとんどの子が細菌感染から発症すると先生から説明があったので、気づかないうちに感染してたのかな?

引き続き、水分をしっかりと摂るように心がけよう。


②胆泥の疑い
小さくて見難いかもしれませんが、素人目でもくっきりと出ています。
腹部レントゲン下のエコー写真、一番上の向かって右端です。
ここは本当であれば黒くて映らないのが正常のようですが、
マイルの胆嚢にはサンゴがニョキッと生えたような白い影がくっきりと写っています。
コレが粘度が高い砂(胆泥)の可能性が高いそうです。

こちらに関しては、ナゼなるのか解明されていない部分が大きいので、
本当に、胆管機能改善の薬が効いてくれればと願うばかりです。



後、今回のDogドックでは血液から検査が出来るということで、遺伝子検査を追加依頼しました。
こうやって「1回やればわかるから」と色々追加依頼したから予定より諭吉が多く飛んでった(笑)

遺伝子検査では、コーギーに多い「変性性脊髄症」になりやすい遺伝子を持ち合わせているかをチェックしてもらいました。
(持っている遺伝子の対になっている両方に変異がある遺伝子を持っていると発症するということがわかっているそうです。
この遺伝子異常は「むやみな繁殖」が一つの要因としてあげられてます)

先生からは、「片方が変異していてももう片方が補えるけど、両方が変異していると補えないので発症する」
と言われましたが、マイルは・・・



<遺伝子検査>
RtIMtWUkfRF5kxG1457499154_1457499185.jpg


『発症は低いけど、今後も縦抱っこや階段、フローリングなど気をつけて生活をしましょう。』って感じかな



とりあえず、今回の診断結果からは継続的に治療しなくてはならないような状態でなく、厄介事の2つは処方食と薬で様子を見ていきましょう。という感じです。



F4z14Z___Xg1cUp1457499487_1457499622.jpg


これからも、マイルの笑顔が1日、いや、1分1秒でも長く続けられるように。
飼い主も含め健康第一です

健康診断はきちんと受けましょう (=´ー`)ノ  byマイル
あ~耳が痛い。聞こえない聞こえない・・・(; ̄ー ̄A



ランキング参加中です。最後にポチッと♪

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/03/09 ] 病気・ケガ・病院 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mairucorgi.blog.fc2.com/tb.php/378-6c03e997