FC2ブログ









『ペットの防災対策』を考える③

==備忘録==
※写真は記事内容とは関係ないです。

ペットの防災対策続きです。(


8NxUFiey1C3cumO1580955113.jpg



災害遭遇時ペットがパニック状態になり迷子に!!
そんな時に備えて「首輪&迷子札」「鑑札・狂犬病予防注射済票(犬のみ)」「マイクロチップ」を。
迷子札があればその場で飼い主さんが分かります。
マイクロチップを挿入していれば専用リーダーが必要にはなるが万が一首輪や迷子札が外れてしまった時にも対応可能に。
とにかく飼い主さんの情報をペットが身に着けていることが大切。

以前の災害時に1000頭ものペットが迷子になってしまったそうです。
元の飼い主さんのもとに帰ることが出来たのは400頭。その内368頭は身元確認が何らかの形で出来た。
この結果から、半数以上の子が身元確認が取れず飼い主さんもわからなくて帰れなかった。

また中には、飼い主さんが分かったが時すでに遅く里親さんに引き取られた後。
元の飼い主さんが自分の子だと主張するも主張できる資料がなく引き取ることができなかった事例もあったそうです。


そんな時のためにも防災手帳を準備し、そこにペットの情報を記しておくことが大事。
ペットの写真(模様や特徴が分かるもの)はもちろん
ペットだけではなくペットと家族が写る写真があるといい。
家族写真があれば引き取る時に家族の誰が行っても引き取ることが可能になる。




ペットと一緒に災害にあった場合を考えると正直、前途多難です。
自宅に住み続けられるのが一番だとは思いますが、支援物資は避難所に取りに都度行かなければいけないです。
避難所で生活するとなると行くまでにも課題があり、行ってからもお互いストレス過多になると思います。
車で生活するとなるとエコノミークラス症候群や脱水など体調面も気にかかります。
状況によってはペットだけでも施設などに預けるというのも一つの手なのかもしれません。


災害に合わずに過ごす事が出来れば一番幸せな事ですが
万が一に備えておくことがとても大事だという事が改めてわかりました。

そして、まず第一歩として家族全員でペットと防災について話し合う事から初めて見る。
そうするとあれこれと課題が見えてくるし考えるきっかけにもなると思います。
カワイイ我が子の笑顔を守るためにも。


‐‐‐ペット用避難用品&備蓄‐‐‐
※優先順位準。それぞれうちの子に合わせ厳選する事。
<1:健康命にかかわるもの>
*療法食・薬
*ペットフード(最低5~7日分)水
*キャリーバックグ・ゲージ
*予備の首輪・リード(伸縮しない物)
*ペットシーツ&排泄物処理用具
*トイレ用品(猫砂など)
*食器

<2:情報>
*飼い主の連絡先やペットに関する情報(飼い主以外の緊急連絡先・預け先など)
*ペットの写真(印刷物・携帯などの画像も合わせて)
*ワクチン接種状況&かかりつけ医等(投薬情報・既往病など)
<3:ペット用品>
*タオル・ブラシ・ウェットタオル
*ビニール袋
*お気に入りのおもちゃやにおいが付いたもの
*洗濯ネット(猫の場合保護などに)
*ガムテープ・マジック(ゲージの補修や段ボールハウスなどに)



うちの場合・・・マイクロチップ検討中。
あっその前にまずはリュック買わなくっちゃ ( ̄▽ ̄;)
今は旅行カバンに詰め込んである




最後にぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



[ 2020/02/08 ] その他 | TB(0) | CM(2)

『ペットの防災対策』を考える②

==備忘録==
※写真は記事内容とは関係ないです。

ペットの防災対策続きです。(


住まいの防災対策をする事でペットの命を守る事になり
さらには、たとえ家での生活が難しくても避難所に同行避難(一緒に避難所に行く)をする事につなげられます。
避難する時の荷物量の目安は男性15㎏女性10㎏と言われています。
が、気を付けなくてはいけないのは避難グッズ+ペットで上記の重さという事。


R456butDLSFL77M1580955085.jpg


我が家の場合、
マイルが10㎏あるのでこの時点でワタシはもう他に持てないという…( ̄▽ ̄;)
避難所まではがれきが多数あることを考えるとやはり歩かせるという選択は無いに等しく車での避難と考えてはいましたがやはり難しい…課題です。
(多頭飼いの家では、家族内で誰がどの子を連れて逃げるなど担当分けてをされているご家庭もあるというお話もありました)


また、避難後の避難所での生活ではペットは飼い主と一緒に生活ができる同伴避難は難しい自治体がほとんどでペットは「ペット飼育エリア」での避難生活に。
その場所はほとんどが屋外で自転車置き場・渡り廊下などでクレート㏌で。
日頃からクレートに入る練習はしておいた方が良いと。(猫ちゃんも)



いやもう、本当話を聞いただけで
「避難所での生活マジ無理(-_-;)」って正直思いました。
そして国も同行避難を推奨している割には後は自治体よろしくね!って丸投げって。。。
避難所ではみんなが動物好きじゃないのである程度肩身の狭い思いはするんだろうなとは思っていましたが。
まさかのペット飼育エリアが完全外とは。

前半の講習だけで滅多打ちにあった気分です。



続きます。




最後にぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
[ 2020/02/07 ] その他 | TB(0) | CM(0)

『ペットの防災対策』を考える①

==備忘録==

先日「ペットの防災対策」の講習会に行ってきました。

今や地震・台風・豪雨などどこに居ても何かの災害に巻き込まれる可能性が高い。
ペットと一緒に暮らす我々に出来ること、やらなければならない事は何か?
そもそも避難所に行けるのか?など改めて考えさせられる時間になりました。





講習会では環境省のペットの災害対策ガイドラインを基準に。
※環境省HP、市役所などでも冊子がもらえるそうです。
「ペットも守ろう!防災対策」
「備えよう!いつもいっしょにいたいから」
人とペットの災害対策ガイドライン災害時におけるペットの救護対策ガイドライン


Lxr82WjwiYKRmd51580954726.jpg


そこに書かれていた


OZXiXwfEdDlr3IX1580954780_1580954907.png


ペットを守れるのは飼い主だけ。
まず飼い主が無事でいること


この一文にドキッとしました。
確かに自分が助からない限り、ペットを助けてくれる人はいない。
「自分が助かって避難所に同行避難する事」=「人のための防災対策をする事が一番」
という事がまず第一にあるという事です。




ちょっと長くなりそうなので続きます。






最後にぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
[ 2020/02/06 ] その他 | TB(0) | CM(0)

大好きだよ、ありがとう。。。

あまりにも突然だったから今でも信じられないよ。





ニコニコ笑顔がかわいくって


WfjdPr6snLmjyQO1549949556_1549949567.jpg


大きい子が好きで誰とでも仲良く遊べて


CBC8V3PNF3LjjHr1549949795_1549949801.jpg


マイルを見つけると大きな尻尾をブンブンしてくれて


dDQw8irFKeinxx11549947807_1549947838.jpg


どんなにマイルにムッキーされてもヘッチャラで


a97HPVDtpvsMwaQ1549949399_1549949435.jpg


ひょいっとかわす姿もかわいいコギプロ上手。


また会えると思ってた。
またマイルとコギプロしてる姿が見れると思ってた。。
また遊べると、一緒に走り回れると思ってた。。。


lc5VMorCMcAAg2p1549948235_1549948272.jpg


エル君、大好きだよ♪
エル君、ありがとう♡


エル君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。




にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
[ 2019/02/12 ] その他 | TB(0) | CM(0)

飼い主のモラル

※本日、あった出来事をそのまま記載しているため長文です。
また、写真と記事内容は一切関係ないです。



先日起こったお散歩中の事を。

交通量が多い道を小学生が走る。
その後ろをノーリードのスタンダードプードルが追う。

この家のスタンダードプードルはいつもノーリード。
今までリードを付けているの見たことが無い。

以前散歩中に会った時もノーリードだったが「この子は大丈夫だから」と言われた瞬間に
吠えられマイルも応戦し一触即発になるかとヒヤッとした過去が。


嫌な予感。。。


puwG2hKFRZZzX6P1543206987_1543206991.jpg


小学生とスタンダードプードルが数軒先のお友達を呼びに行ったらしい。

今のうちにここを通り抜けようと思ったけど間に合わず。
子どもとスタンダードプードルがこっちに向かって走ってきた。

もうこれはマイルを抱き上げて何も起きないことを願うしかない。

ワタシの頭の中はフル回転。
ケンカになればサイズ的に勝ち目は無い。しかもノーリード。
そして何より子どもしかいない。いくら目の前が家でも大人が来るのに時間がかかる。
自分で何とかしなくては。
万が一を考えると目撃者は多いに越したことはない。

そう考えてとっさにマイルを出来る限り高い位置に抱きかかえ歩道に背を向け車道側によって通り過ぎるのを待つことに。


DT_U925va5BbZMY1543206944_1543206965.jpg


でも甘かった。
マイルを見つけたスタンダードプードルが向かってくるのは家とは逆の位置にいるワタシの方。
一直線に私の方に来てマイルのニオイをチェック。
これにはまったく犬の存在に気が付いてなかったマイルはビックリ&大激怒で唸り暴れ始める。

あぁヤバイ!!でも手は放しちゃダメだ!
ってか早く犬を連れて行ってくれよ~ちびっ子~~~~!

そんなこんなで気をやきもきさせていたらようやく子どもが

「すみません。ほら行くよ!」と言ってスタンダードプードの服を引っ張って家の敷地へ。

まだ興奮状態のマイルを抱いたまま少し歩いてから降ろすもマイルもあまりにも突然の事でビックリしたのかその場から動けず。


3K_CAyJ7lGJxfO41543207006_1543207012.jpg


何事もなくて本当に良かったという思いと、ノーリードに対する怒り。
犬が好きで犬を飼っている同じ飼い主としても正直理解ができない。

この間行ったイベントでもノーリードではなかったが
大型犬が突然列に並んでいた人に飛びついたのを見た。
飛びつかれた人は突然の事でビックリしてたが、飼い主は「あっすみません。ほらダメ!」と言ってさっさと立ち去った。

観光地に出かけてたときも犬の糞をそのまま放置している人を見たことも。

飼い主のモラル一つで犬を飼ってない方からの見え方が180度変わる。

「人の振り見て我が振り直せ」ではないけれど、
自分は良くても他人には迷惑な事をしていることに気が付いてほしい。
そして、自分も気を付けなくては。





最後にぽちっとお願いします♪

にほんブログ村







[ 2018/11/27 ] その他 | TB(0) | CM(2)